【ヒロアカ】112話のネタバレ【轟とイサナの連携技がやばい!!!!!】

マンガ

ヒロアカ112話の要約と注目ポイントをまとめています。112話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、ヒロアカの内容を振り返りたい方はご活用ください。

ヒロアカ112話のネタバレ

イサナは昔から恐れを知らないタチで、目の前のピンチに全霊をかけて挑むヒーローの闘志に熱狂していた。なので、エンデヴァーの遥か先を憎むような眼だけが唯一嫌いなモノだった。

イサナは「日本一熱い高校生活が待っている」とワクワクしながら雄英の試験を受けていた。轟の実力の高さに驚いていた。

僅差でイサナが一着でゴールした。イサナが轟に声を掛けるが、轟は「試験なんだから合格すればそれでいい、別にお前と勝負してるつもりもねえ、邪魔だ」と言い放った。これはひでぇww

轟とイサナのありえない行動に、デクが「何をしてんだよ」とキレる。

轟はようやくイサナのことを思い出し、エンデヴァーを否定することしか考えておらず、それ以外をまったく見えていなかったことを思い知らされていた。

ギャングオルガが「とりあえず邪魔な風だ」とイサナの身動きを封じた。

さらに、轟の動きも封じた。

イサナと轟はようやく自分の行いを反省していた。

避難者のほうにギャングオルカたちが迫ってくると、真堂が地震で行く手を阻んだ。

音波も振動であるため、ギャングオルカの超音波に対して多少の耐性を持っていた。

轟とイサナは炎と風の連携技でギャングオルカを襲っていく。

<<前の話 112話 次の話>>

【ヒロアカ】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
ヒロアカのネタバレ記事を一覧でまとめています。ヒロアカの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。 ヒ

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました