【弱虫ペダル】701話のネタバレ【六代の脚質がクライマーと判明!!!!!】

マンガ

弱虫ペダル701話の要約と注目ポイントをまとめています。701話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、弱虫ペダルの内容を振り返りたい方はご活用ください。

弱虫ペダル701話のネタバレ

六代たちが先頭に追いつく。

六代が追いついたことに坂道が喜んでいた。六代は「一番苦しい時に仲間が来てくれた」と坂道の言葉通りになったと伝える。

村紙は山に入ってるにもかかわらず追いついてきた六代の脚質がクライマーであることを確信した。六代は恭ちゃんたちが脱いだジャージを預かっており、それを坂道に預かってもらって身軽になる。

木中が一人飛び出していく。恭ちゃんとケイちゃんはペースを上げ村紙たちを抜き、六代もそれについていった。

しかし、木中は「教えてやるよ、ロードレースの甘くなさを」と告げていく。

<<前の話 701話 次の話>>

【弱虫ペダル】全話ネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
弱虫ペダルのネタバレ記事を一覧でまとめています。弱虫ペダルの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください。

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました