【キングダム】711話のネタバレ【曹波広死亡で秦北東部軍が超絶危機に!?】

マンガ

キングダム711話の要約と注目ポイントをまとめています。711話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、キングダムの内容を振り返りたい方はご活用ください。

キングダム711話のネタバレ

五万

カン・サロが投降を勧めるが、曹波広は立ち向かい、カン・サロに両断される。

カン・サロが曹波広を討った頃、ジ・アガは秦北東部軍の真ん中あたりから向きを後軍の方へ変え、秦兵を蹴散らしながら爆走した。

秦北東部軍は曹波広が討ち取られたこととジ・アガの強襲により不安が広がっていく。さらに崖上の趙兵にビビり多くの秦兵が後退していった。

秦北東部軍先頭の将軍風范はうろたえる兵たちを鎮め、先で待つ王翦軍・桓騎軍の合流地へ向かっていくことを決めた。

狼孟軍の奇襲はすさまじく、秦北東部軍は4万の兵が葬られた。中軍・後軍は太原まで後退し、前方の5万だけが合流地へと向かったのである。

妙だ

北東部軍が合流地に到着すると、「来たのは5万だけ」というのが王翦らに伝わる。蒙恬らは「微妙な数」と5万の加勢を見ていた。北東部軍の大半を失ったのは、王翦軍を置いてきたことで戦力が半減している秦にとってはかなりの痛手だった。

河了貂はこの5万を吸収してここにいる連合軍で宜安攻略を始めるか、一度作戦を諦めて閼与まで撤退するかの二択と集まる将軍らに話す。河了貂が意見を求められると、「分からない、オレは蒙恬の意見を聞きたい」と答える。5万という兵は宜安攻めを諦める数字ではないが、攻略への確証を得る戦力ではなく判断に迷っていたのであった。

蒙恬は宜安一帯の兵数は10万で秦の連合軍は14万。攻城戦になるとしても決して戦えない数字ではなく、今攻め込んだ方が宜安攻略は難しくないと意見を述べる。河了貂、壁も蒙恬の意見に賛成した。

摩論が信の意見をうかがうと、信は「分からねェ」と答えた。信は閼与あたりから妙な都合の良さを感じていたのであった。桓騎が「ブルってるんならお前は帰れ」と言うと、信は「いつも以上に慎重に行かねェと危ねェ気がするって言ってんだ」「あんたも何か感じねェのか」と返す。桓騎は信以上に危険性を感じていたが、だからこそ飛び込む価値があると語った。桓騎はどんな仕込みがあろうとも、その上をいって自分が勝つことしか考えていないのであった。

荘関に秦連合軍が動き出した報せが入り、桓騎が「予定通り宜安で桓騎を討つ」と出陣を命じていく。

<<前の話 711話 次の話>>

【キングダム】全話・全巻のネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
キングダムのネタバレ記事をこちらにまとめています。キングダムの今までの話を振り返りたい方はこちらのページをご活用ください

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました