【終末のワルキューレ】69話のネタバレ【ベルゼブブの能力がやばい・・・】

マンガ

終末のワルキューレ69話の要約と注目ポイントをまとめています。69話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

終末のワルキューレ69話のネタバレ

ベルゼブブの謎の攻撃をエジソンが「振動」と見抜いていた。

ヘルメスが振動が物を破壊する原理を実証してみせた。

テスラが間一髪ベルゼブブの攻撃を躱すが、テスラのアーマーが裂かれていた。

振動は時には鋭利な刃物と化す。そんな振動こそがベルゼブブの能力で、「悪魔の羽ばたき」と呼ばれている。シンプルであるがゆえに変幻自在の能力。タネがわかっても対応は至難だった。

アダマスはハデスがベルゼブブの唯一の拠り所だったと語る。

超人自動機械βは人類史上最高の頭脳が想像したアーマードスーツをゲンドゥルを素材にして具現化した、いわば人類が培ってきた科学の最高傑作だった。テスラが一気に間合いを詰め物凄い勢いの拳を繰り出す。

テスラの攻撃は地面をふっ飛ばすほどだった。テスラの一撃は神器錬成して得た戦乙女の生命エネルギーを超人自動機械β内部で超高電圧に変換、拳に溜め瞬間的に放出する「プラズマパルスパンチ」、略してPPPだった。

テスラが再び殴りかかると躱されるも、さらにエネルギーを放出して加速しPPJPを繰り出す。

が、ベルゼブブは地獄の門扉で防いでいた。

ベルゼブブは暴食の堕天使を放つ。

テスラはPPPツインで応戦した。

ベルゼブブは振動の出力を上げテスラのPPPツインを破った。

ベルゼブブはテスラから興味を失っていく。

<<前の話 69話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました