【終末のワルキューレ】63話のネタバレ【始皇帝が最終形態「神羅鎧袖改始皇勾践剣」に】

マンガ

終末のワルキューレ63話の要約と注目ポイントをまとめています。63話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、はじめの一歩の内容を振り返りたい方はご活用ください。

終末のワルキューレ63話のネタバレ

ハデスの一閃が始皇帝の神羅鎧袖を突き破った。

ハデスの勇ましい姿にアレスは涙を流す。

ゲルがアルヴィトの身を案じていると、ブリュンヒルデは「「一連托生」によって戦乙女はすべてを捧げる、無論ただではすみません」と告げ、アルヴィトは体が一部崩れてしまっていた。

始皇帝はアルヴィトに傷つけてしまったことを謝る。アルヴィトも始皇帝の体を心配すると、始皇帝は「他人の痛みに比べれば、己の痛みなどいくらでも耐えられる」と言い放った。

観戦する小次郎と沖田は始皇帝が危機に立たされていると見ていた。小次郎が「始皇帝はとっておきの空気弾を封じられた上に、左肩をやられた今承力天鳳も遣えない」と始皇帝がハデスの攻撃を防ぐ術がないことを語る。

ハデスが「誇るがいい、このデスモスを遣わせるまでに余を追い詰めたことを」と槍を向ける。このままでは勝機が見えない始皇帝は「次の一撃に全てを懸けようと思う」と告げると、アルヴィトは「らしくないわね、王様なんだからハッキリ言ったら」と返し、始皇帝は「朕はどうしても勝ちたい」と素直に口にした。

アルヴィトは自身の能力をすべて始皇帝に授けていく。アルヴィトの名に宿し力は軍勢の守り手。その意味するものは神羅鎧袖改始皇勾践剣。

ブリュンヒルデが最強の守りとは攻撃であると語る。

始皇勾践剣を手にした始皇帝に対し、ハデスもデスモスを構える。王の心を知るのは王のみ。ふたりの王は共に予感していた、勝負の終わりが近いことを。ハデスがイーコール・エーオースを繰り出すと、始皇帝は蚩尤 剣式 始皇燕き斬で応戦した。

始皇帝が弾き飛ばされると、ハデスの追撃を浴びてしまう。

倒れた始皇帝には星が見えており目を輝かせていた。

腕を吹き飛ばされた始皇帝が立ち上がると観客たちは「いいからもう立つな」と止めるが、「王は惑わず、王は曲げず、王は頼らず、王は諦めぬ」と剣を構えた。

<<前の話 63話 次の話>>

【終末のワルキューレ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
終末のワルキューレのネタバレ記事をこちらにまとめています。終末のワルキューレの今までの話を振り返りたい方はこちらをご活用

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました