【東京卍リベンジャーズ】82話のネタバレ【タケミチと千冬が最強の壱番隊を創ることを決める】

マンガ

東京卍リベンジャーズ82話のネタバレを掲載しています。82話では、千冬がタケミチが未来から来ていることを聞き、すべての事情を知ることになる。タケミチと千冬はこれから誰にも負けない最強の壱番隊を創っていくことを決意する。東京卍リベンジャーズ82話の内容を知りたい方はご覧ください。

東京卍リベンジャーズ82話のネタバレ

相棒だろ?

千冬が「は?」「何言ってんだオマエ?」「未来から来た?」と当然のように理解できずにいると、タケミチは「ヤベェ止まんねぇ」「オレが死んだ日、過去に行った事、死んだヒナを助ける為に東卍に入った事、12年前の今日にしか戻れない事、マイキー君の事、ドラケン君の事、稀咲、そして千冬の未来」「どんどん口から溢れ出てくる」「タイムリープの事はこの先人に話さない」「そう誓っていた」「現代にどういう影響を及ぼすかわからないから」「でも、コイツなら、現代でもオレのために死んでくれた千冬なら」「心がゆるんじまった」と事情をすべて語ってしまった。

タケミチが「これが、俺がしてきた事の全部だ」と言うと、千冬は「オレが稀咲に殺される?」と信じられずにいた。タケミチが「言っちまった」「全部ぶちまけちまった」「これってまずいよな?」「どうしよう」と焦りながら「なんちゃって」「冗談だよ、冗談」と誤魔化そうとするが、千冬は「なんとなく気付いていた」「考えてみりゃあ、オマエは変なトコが多いし、いつもと雰囲気が違う時があったし」「芭流覇羅との決戦の前、オマエは場地さんにこう言った」とタケミチが場地に「どうか死なないで」と伝えていた時のことを思い出し、「離れていたから何を話していた詳しくはわかんねぇ」「けど、確かにそう言った」「オマエは場地さんが死ぬ事を知ってたんだな」「だから、あんなに必死だった」と理解する。タケミチが「ああ」「知っていたのに止めれなかった」「場地さんを救えたのに」と答えると、千冬は「すげぇなオマエ」「一人で戦ってたんだろ?」「誰も褒めてくんねぇのに」「胸張れよ、タケミっち」「大事なのは結果じゃねぇ」「誰も見てねぇのに逃げずに戦った」「オレはオマエを尊敬する」と告げる。タケミチが「信じてくれるのか?」「こんな嘘みてぇな話」と声を震わせると、千冬は「当たり前だ、バカ」「相棒だろ?」と笑っていく。

タケミチが「やっぱりコイツに話してよかった」と感動していると、千冬は「ハハ」「オマエの涙腺ガバガバな」「なんか腹減ったな」と言う。


(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

誰にも負けねぇ壱番隊を創るんだ

千冬がカップ麺をすすりながら「しっかし、オレ稀咲に殺されんのかー」「未来の事でもムカつくわー」とタケミチにカップ麺を渡すと、「稀咲はやっぱり場地さんの仇なんだな?」と確認し、タケミチは「ああ、間違いねぇ」「ハッキリと未来の稀咲の口から聞いた」と答える。千冬が「絶ッ対ェブッ殺す」「でも、今じゃねぇ」「稀咲率いる参番隊は隊員数100人」「さらに元芭流覇羅から新設された陸番隊もいる」「それに対してオレとオマエは新造壱番隊、まだ上手く機能してない」と語っていくと、タケミチは「雲泥の差だな」と返す。千冬が「ああ」「ワクワクするな、タケミっち」「オマエはこれから誰にも負けねぇ壱番隊を創るんだ、タケミっち」「ゼロからのスタートだけど、オマエならできる」「黒龍だろうが稀咲だろうがぶっ潰せ」「オレが最後まで支えてやる」「それが全部を話してくれたオマエへのオレの答えだ」「これからもよろしくな」と手を差し出し、タケミチは「やってやんぜ、相棒」と手を握っていく。

2日後。東卍幹部がどこかの建物に集まっていた。

ドラケンが幹部全員集まっていることを確認すると、マイキーが「入れ」と言い、タケミチと八戒が部屋に入ってくる。

<<前の話 82話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることが

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました