【黙示録の四騎士】13話のネタバレ【ナシエンスが仲間に!!!!!】

マンガ

黙示録の四騎士13話の要約と注目ポイントをまとめています。13話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、黙示録の四騎士の内容を振り返りたい方はご活用ください。

黙示録の四騎士13話のネタバレ

パーシバルの魔力の威力は凄まじく、山ごと吹き飛ばしていた。

ドロレスはヘビメタで毒を防いでいて無事だった。

オルドの姿を元に戻すことはできなかった。が、シンがタリスカーが持っていた杖を破壊すると、元の姿に戻った。

杖の正体は混沌の杖で、キャメロットの王が配下の騎士に与えた混沌の力を秘める魔法具の一つだった。パーシバルは「僕のような思いを他の誰にもさせたくないから」とキャメロットの王を倒すことを決める。

三人がリオネスに向かおうとすると、ナシエンスも「ついていきます」と言い始める。

こうして、ナシエンスを加えて移動手段を調達できそうなシスタナという街を目指すことになった。

<<前の話 13話 次の話>>

【黙示録の四騎士】全話ネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
黙示録の四騎士のネタバレ記事をこちらにまとめております。黙示録の四騎士の今までの話をこちらから振り返ることができるので、

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました