【東京卍リベンジャーズ】248話のネタバレ【千咒VS三途・イヌピーVSワカの戦いが勃発】

マンガ

東京卍リベンジャーズ248話の要約と注目ポイントをまとめています。248話の内容をサクッと知りたい方には非常にお役立ちになるはずです。前後の話も読めますので、東京卍リベンジャーズの内容を振り返りたい方はご活用ください。

東京卍リベンジャーズ248話のネタバレ

三ツ谷は13の時にルナとマナを連れて行った麻布祭りで、みんなが道を開けるガラの悪い連中の先頭にいたのが「六本木のカリスマ」灰谷兄弟だったと思い出す。

現在、三ツ谷が「昔はコイツらに憧れてたっけ」と言う。灰谷蘭が「オマエらは5分後に死ぬ」と予言していった。かっこつけた態度にキレた八戒が殴りかかるがまるで当たる気配がなかった。

煽られた八戒は逃げる灰谷兄弟を追う。

千咒が「50人から数えてないけどだいぶやったはず」と関東卍會の不良たちを次々倒していくと、三途が目の前に立ちはだかった。

三ツ谷が灰谷兄弟を追った八戒を探すが、八戒はすでにやられてしまっていた。

三ツ谷が敵の兵隊に囲まれる。

灰谷兄弟は高みの見物を決め込んでいた。

ココを追いつめるイヌピーだったが、ココは「オレはオマエとやる気はねぇ」と戦うつもりはなかった。

すると、ワカが現れイヌピーの相手を引き受けていく。

三ツ谷が「いつまで寝てんだ八戒、起きろ」と敵兵と戦いながら叫ぶと、八戒は「ちょっと寝たら回復したぜ」と起き上がる。

5分が経過し三ツ谷が「降りてこいよ」「今度はオレが予言してやる、5分でボコボコだ」と灰谷兄弟を挑発した。

<<前の話 248話 次の話>>

【東京卍リベンジャーズ】全話ネタバレ一覧【最新話あり】|サブかる
東京卍リベンジャーズのネタバレ記事をこちらにまとめております。東京卍リベンジャーズの今までの話をこちらから振り返ることが

Source: サブかる

コメント

タイトルとURLをコピーしました